ぐんま住まいの相談センター

よくある相談事例 不動産 売買


不動産相談-1 土地を契約する際の留意点について

住宅の新築を検討しています。まず土地を購入しその後建物を検討する予定です。土地を契約する際の留意点について教えてください。

不動産回答-1 契約書及び重要事項説明書の内容を事前に確認してください

契約書や重要事項説明書の内容を確認する期間をとった上で、契約日を設定すると良いと思います。特に、契約書、重要事項説明書の内容は、契約当日に初めて確認するのではなく事前に入手し、不明や疑問の点があれば内容を確認しておくことをお勧めします。また改めて現地をよく確認しておくことも重要です。


不動産相談-2 敷地境界の立ち会いを拒否された場合について

住宅を新築するため、隣地の所有者に境界標設置の立ち会いをお願いしましたが、会ってくれません。境界標を設置し、境界線に沿ってブロック塀を設置したいのですが、立ち会いを拒否されているこのような状況の場合、どうすれば境界標が打てるのでしょうか。

不動産回答-2 土地家屋調査士などの専門家に依頼してください

境界標を設置する場合には、双方の合意をもって土地境界を確定しなければなりません。測量や登記申請を行う専門家である土地家屋調査士に依頼する事になります。なお、境界確認の立ち会いに相手が応じない場合、訴訟手続きが必要になりましたが、今は「筆界(土地境界)特定制度」があり、法務局が土地所有者間の間に立って調停作業を進めてくれます。詳しくは、土地家屋調査等の専門家に相談して下さい。


不動産相談-3 住宅ローンが残っている土地建物の売却について

現在住んでいる土地付一戸建住宅を売却し別の土地建物の購入を考えています(一人では広すぎるので)。まだ住宅ローンが残っていますが、その場合でも売却はできるのでしょうか。また売却するためにはどのような手続きが必要ですか。

不動産回答-3 売却価格とローン残高を比較してください

売却することは可能ですが、その際にローン残金を返済し抵当権を抹消する必要があります。売却価格よりローン残高が下回っているのであればいいのですが、もしローン残高が上回るようであれば、抵当権抹消のための自己資金あるいは追加融資が必要になってきます。また売却や新たな建物の購入に伴う諸費用も考慮する必要もあるので、慎重な検討が望まれます。まずは売却価格については不動産業者に、ローン返済や新たな融資については融資機関に各々相談してみてください。


不動産相談-4 抵当権付の土地購入について

土地を購入し住宅の建築を検討中です。ある土地を不動産業者から紹介を受けましたが、その土地は現在造成中であり、また謄本を見たところ抵当権がついていました。その土地を購入した場合何か問題があるのでしょうか。

不動産回答-4 原則的には代金の支払いと同時に抹消手続きが行われます

抵当権は土地の所有権移転までには抹消されると思われますが、その土地を紹介した不動産業者に確認してみてください。詳細については契約前の重要事項説明書の中で説明があります。その中で抵当権についての説明として、契約時に既に抹消されているのか、または所有権移転時までに抹消されるかどちらかになりますのでよく確認してみてください。



不動産相談-5 中古住宅購入時の留意点

中古住宅を購入する際の注意点を教えてください。まだ重要事項説明書は確認していません。

不動産回答-5 現地をよく確認してください

まずは事前に建物を含め現地をよく確認してください。木造住宅の場合、可能であればシロアリ被害の有無などを駆除業者に確認してもらうのもよいでしょう。また出来れば朝、昼、夜、雨の日の時などにも下見するのも良いでしょう。音や光(特に夜)の状態、雨水が意外な所に溜まったりすることもあります。また近隣住人のお話が聞けると参考になります。契約前には充分な検討期間を置き、重要事項説明や契約書の中身を確認します。目に見えない法令上の制限(接道条件など、建替する時に制限がないかなど)、解約の手続き、不具合があった時の対応方法と保証期限などを必ず確認してください。