群馬県住宅供給公社
住まいについて相談したい

住宅の耐震化

耐震化診断

平成23年3月11日に発生した東日本大震災では、津波を原因とする被害と共に、地震そのものを原因とする甚大な被害が発生しました。群馬県内でも渋川市内の宅地被害、東毛を中心とした屋根被害が多数発生しました。改めて耐震診断の実施や耐震化リフォームを積極的に促進する契機となりました。

昭和56年 (1981年) に建築基準法施工例が改正され、新しい耐震基準が定められました。それ以前に建てられた家は、現在必要な耐震性能より低い基準で建てられているので、耐震診断の結果により耐震リフォーム工事が必要な場合があります。

群馬県内の各市町村では耐震診断、耐震改修について助成制度がありますのでご確認ください。

住宅に関する融資・助成制度一覧

※ 耐震化診断やリフォーム等の住まいに関する支援制度を各市町村ごとに掲載しています。

融資・助成の対象となる(工事)内容、対象(者)要件、限度額、募集枠、申請次期は各市町村により異なります。限度額全てが利用できるわけではありません。
内容は調査時点のものであり、最新の内容及び詳細については、直接、各市町村の担当課へお問い合せ下さい。

  • 「市町村における各種支援制度」はこちらから
  • 「耐震診断 誰にでもできる我が家の耐震診断」はこちら
ページの先頭へ