群馬県住宅供給公社
住まいについて相談したい

「寒い季節を快適に~あたたかく住まう工夫~」

現在の位置: ホーム > 住まいに関する相談 各種講習会 > 住まいの相談センター > イベント・セミナー > 「寒い季節を快適に~あたたかく住まう工夫~」

「寒い季節を快適に~あたたかく住まう工夫~」 実施報告

群馬県住宅供給公社では、住教育推進事業の一環として、NPO法人等と連携して住教育の推進を行っています。

小学校高学年の家庭科の授業で単元として扱われている、寒い冬と暑い夏を快適に過ごすための工夫。生活するうえで必要不可欠な住宅で、日本の四季を快適に過ごすためにはどうしたらよいでしょうか。住宅建築の専門家である建築士の方々が先生の授業をサポートいたします。教室を飛び出して様々なところを実際に測定・体感することで、楽しみながら学びを深めることができます。

 


照度計と温湿度計でさっそく測定してみます!


家庭科室や

体育館

外通路なども測定しました。

測定した結果をもとに、班ごとに話し合いをし、気付いたことをまとめて、


みんなの前で発表です!それぞれ違った意見や発見がありました。


建築士の先生のお話にも興味津々です。

校長先生も参観に来てました。

「寒い季節を快適に~あたたかく住まう工夫~」

開  催 平成29年2月28日、3月1日、3月2日、3月3日(家庭科授業内)
会  場 高崎市立乗附小学校 及び 高崎市立豊岡小学校
対象 小学5、6年生
目  的 子どもたちが、普段の暮らしの中で、より豊かな住生活や住環境を実現していくために何が必要かに気づき、考え、生きていく力を養う「住教育」の場を提供します。
主 催 群馬県、群馬県住宅供給公社
協 力 NPO法人 住・環境支援ネット

※夏の「暑い季節を快適に」の単元での開催も可能です。お気軽にぐんま住まいの相談センターまでお問い合わせください。

ページの先頭へ